AFCの葉酸サプリメント(mitete)とその効果について

AFCの葉酸サプリメントはどのように生まれたのでしょうか?

AFCの葉酸(mitete)は100人以上の女性の声を聴き、そこから生まれました。

この葉酸サプリメントは改良され続けて6年経過し、妊娠前、妊娠、出産、授乳期等を手助けできるサプリメントとして、さらに、葉酸に加えて、カルシウム200mg・鉄10mg・8種類のビタミン・4種類のミネラルなどの成分が含まれています。

それでは葉酸とはどのような物でしょうか?

葉酸は、「葉の酸」と記載されている様に、葉物の緑色野菜、例えば、ほうれん草、春菊、さらに、ブロッコリー、アスパラガスや卵、レバーなどに多く含まれます。そして葉酸は、ビタミンの仲間でその中でも水溶性のビタミンB群になります。

ところで、人の体は新陳代謝をして成長していきます。この成長する過程で活発に細胞分裂を繰り返します。細胞分裂をするときに必要な物質がDNAです。特に胎児にはDNAは器官や細胞を作るための設計図でこの設計図が遺伝子情報です。葉酸はこのDNAが作られるのに必要な物質です。葉酸が不足するとDNAの合成不足が起きて、細胞が分裂する際に障害が起こります。

例えば、細胞分裂が活発な血液を作る造血細胞に障害が起こり、赤血球障害や悪性貧血などの病気になることがあります。この場合葉酸は治療薬になります。実際に医療用医薬品としても葉酸は使われております。

妊婦さんは葉酸が必要です

普通に食事を摂れる健康な人では、葉酸が不足することはめったにありません。葉酸が必要な人は、消耗性の病気や胃腸に病気のある人などです。また、妊婦さんや、ひどい疲労時などに使用しますが、一般的には十分食事がとれていれば必ずしも必要ではありません。

無理なダイエットや偏食が続くと、ビタミンが不足がちになってくるかもしれませんが、そのような場合はきちんと食事をとることで改善でき、無理にサプリメント等に頼らないことが大切です。

それでは妊婦さんはどうして多くの葉酸が必要なのでしょうか?

繰り返しますが、人は体を成長維持させるために細胞分裂を繰り返します。細胞分裂をするときに必要な設計図がDNAです。

葉酸はこの細胞分裂に必要なDNA合成に関与しています。従って、葉酸が不足するとDNAの不足が起きる可能性があり、細胞分裂する際に障害が起こることがありえます。

さらに、葉酸は、DNAの合成の他にも、細胞の中でホモシステインというアミノ酸がメチオニンというアミノ酸に変換されるのに必要です。メチオニンは、たんぱく質の合成にも必要です。

妊娠の初期は、胎児が活発に細胞分裂を繰り返して組織を作りますので、多くの葉酸が必要となります。

日本では2000年に厚生労働省から妊娠の可能性がある女性に対して、葉酸摂取に関する通知が出しました。

内容は、赤ちゃんが生まれた時に起こる可能性のある神経管閉鎖障害のリスク低減のために、妊娠の可能性がある女性は通常の食事からの葉酸摂取に加えて、いわゆる葉酸サプリメントから1日400μgの葉酸を摂取するように推奨されています。

そして、2002年からは「母子手帳」にも葉酸の必要性が記載されるようになりました。

特に妊娠初期がとても重要で葉酸を十分摂取することで赤ちゃんの神経管閉鎖障害のリスク低減できる他、妊婦さん自身も胎児に優先的に酸素を届けるため、酸素を運ぶ血液が薄くなるような貧血の状態に関しても有効です。

実際には妊娠を予定している人は、妊娠の1カ月くらい前から妊娠初期の3カ月間くらいまで、十分な葉酸をとることが推奨され、アメリカでは、穀物類に葉酸の添加が義務化されているくらいです。

葉酸添加が義務化された1999年には、障害のある赤ちゃんが、以前より19%減少したデータがあります。

したがって、これから妊娠を希望する女性は普段から、バランスのよい食事を十分にとるように心掛けることが大事です。

今回掲載している葉酸アプリの必要性については下記サイトを参考に紹介しております。

【安産のしおり】ママと赤ちゃんの出会いを助ける支援サイト

こちらのサイトは妊婦さんへのお役立ち情報をたくさん掲載しています。

AFCの葉酸の必要な量と飲み方について

AFC葉酸サプリ

妊娠可能な女性が葉酸を摂るには、AFCの葉酸サプリメントが最適です。それでは、AFCの葉酸の必要な量と飲み方について解説いたします。

妊娠可能な女性は、付加的に1日400μgのモノグルタミン葉酸の摂取が望まれると、厚生労働省が妊娠を希望する女性に対して、推奨していることは前述しましたが、簡単に言うと普段必要な葉酸の量に加えてさらに、1日400μgの葉酸が追加必要ということです。

食事からではこの量はなかなか摂取が困難なのでサプリメントから補うようにとしています。

さらに、食事で摂取する食事性の葉酸の多くはポリグルタミン酸型葉酸といい、葉物と言われる、ほうれんそうなどの植物性食品や、レバーなどの動物性食品等自然界に多く含まれる成分です。

これを摂取した後、小腸で酵素によって分解されモノグルタミン酸型の葉酸になり吸収されます。

ポリグルタミン酸型の葉酸の生体利用率は50%以下と推定されています。また水溶性ビタミンであるため分解や水に溶けて流れて出すなど喪失の原因になっています。

これに対してサプリメントなどに添加されている葉酸はモノグルタミン酸型の葉酸で吸収率は非常に高いです。

厚生労働省は追加の葉酸に関しては、モノグルタミン酸型をサプリメントなどからから摂取するよう勧告しております。

AFCの葉酸は当然ですがこのモノグルタミン酸型の葉酸です。4錠飲むことでモノグルタミン酸型の葉酸400μgを摂取することができることから、食事の量、妊娠の時期等を考慮して調整しましょう。

例えば、妊娠希望する1ヶ月以上前から、妊娠3ヶ月くらいいわゆる妊娠初期にはまでは、食事で葉酸を摂ったうえで、モノグルタミン酸型の葉酸サプリメントなどで約400μg摂ることが望ましいので、AFC葉酸4錠摂取することになります。

妊娠4ヶ月からのいわゆる中期~後期の妊婦さんは、普段の食事から摂れる葉酸に加え、ポリグルタミン酸型の葉酸で240μgを摂ることが推奨されていて、AFC葉酸2錠から3錠摂取することになります。

さらに、授乳中は、普段の食事から摂れる葉酸に加え、ポリグルタミン酸型の葉酸で100μgを摂ることが推奨されていてAFC葉酸1錠摂取することになります。

AFCの葉酸サプリメントの大きさと飲みやすさ

一般的な葉酸サプリメントは錠剤が大きい傾向がありますが、AFCの葉酸サプリメントは他社の製品と比較すると錠剤が小型です。

大きい錠剤を飲み込むのが苦手という人もいますので、AFCの葉酸サプリメントは改良を重ね錠剤を小型化して、誰でも楽に飲めると評判です。

さらに、つわり(悪阻)の時期などは臭いなどにも敏感になり、飲むのが困難になることがありますが、AFCの葉酸サプリメントはほとんど臭いが気にならない様に一粒一粒丁寧にコーティングを施してあります。

飲む方法ですが、AFCの葉酸サプリメントは医薬品ではないため、水以外で飲んでも大丈夫ですが、コーヒーや紅茶などカフェインを含有するもので飲むのは止めましょう。

さらに、アルコールは葉酸の吸収にも影響し、胎児にも影響を与える恐れがあるので、お酒で飲むことは絶対に止めてください。

前にも書きましたが、葉酸は水溶性のビタミンであり、AFCの葉酸サプリメントには他にも水溶性のビタミンを含んでいるため、数回に分けて飲む方が望ましいですが、飲み忘れが無いように注意が必要です。心配であれば一度で飲んでも構いません。

AFCの葉酸の安全性について

最後にAFCの葉酸の安全性について解説いたします。AFCでは、国内のグループ会社で開発から製造、管理までを一貫して自社で行っています。また、原材料の仕入れからからサプリメントの最終梱包までを、わが国のGMPと言われる条例(医薬品および医薬部外品の製造管理および品質管理)を満たした工場で行っています。そのため、安全性が担保され、一定の品質を保つことができています。

さらに葉酸のサプリメントは妊活中から授乳中に利用する人が多いので、放射能セシウムが含まれていないかどうかとの不安の声があがったことから、放射能セシウムスクリーニング検査を実施し、全て国の定める安全基準値以下であることを保証しています。

AFCの公式オンラインショップでは、AFCの葉酸の原材料、配合量、最終加工国、品質試験成績を公開しています。栄養素によっては過剰摂取が心配されるものもあるので、全成分の配合量が確認できますので安心してご利用下さい。