マカナとベジママ徹底比較!あなたに合った葉酸サプリが一目でわかる

「マカナ」と「ベジママ」

どちらもネット上で非常に評価が高く、実際に多くの人に利用されている人気の葉酸サプリです。

でも、だからこそどっちがいいのか迷っちゃいます。

そこで「マカナ」と「ベジママ」を比較し、あなたがどちらを飲んだほうがいいのか一目でわかるようにまとめました。

【マカナvsベジママ】価格を比較

価格

まずは誰もが気になるポイント「価格」から両者を比較してみました。

マカナ(税込) ベジママ(税込)
通常価格 6,580円 5,940円
「初回」定期価格 3,980円 2,970円
定期価格 5,980円 5,054円
定期縛り なし なし
全額返金保証 なし あり(月500名限定)

価格はベジママに軍配

こうして価格を比べてみると、ベジママの方が約1,000円安いことがわかります。

しかも、数量限定ではありますが無期限の全額返金保証までついているんです。

ですから価格面で手が出しやすいのはベジママと言えるでしょう。

しかし、葉酸サプリは価格だけでなく中身(成分)もとても重要です。そこで次の比較結果に行ってみましょう。

どちらも定期便購入がお得

ちなみにマカナもベジママも表を見てわかるように、定期便購入することで通常価格よりも安く購入することが出来ます。

ですからマカナやベジママを買う際はぜひ公式サイトから定期便購入を選択しましょう。どちらも定期便縛りがないのでお手軽にお試しできますよ。

【マカナvsベジママ】成分を比較

マカナ ベジママ
主要成分 葉酸
ビタミン5種類
ミネラル
マカ
DHA・EPA
鉄分
カルシウム
野菜&フルーツ30種類
葉酸
ビタミン7種類
ミネラル
ピニトール
ルイボス
主な原材料 マカ粉末(国産)、亜鉛含有酵母、ナイアシンアミド含有酵母、野菜粉末、ビタミンE含有植物油、金時ショウガ、ルイボス茶エキス、マグネシウム含有酵母、フルーツ野菜エキス、スピルリナ、α-リポ酸、GABA、DHA含有精製魚油粉末、還元型コエンザイムQ10/セルロース、貝Ca、V.C、HPC、ステアリン酸Ca、酸化ケイ素、ピロリン酸鉄、パントテン酸Ca、セラック、グルコン酸銅、V.B₆、V.B₁、V.B₂、葉酸、塩化K、ビオチン、V.B₁₂、V.D

ピニトール、還元麦芽糖水飴、ルイボス茶抽出物、アイスプラント末、デキストリン、ビタミンE含有植物油、マンガン含有酵母、結晶セルロース、ビタミンC、ビタミンB1、ビタミンB6、ステアリン酸Ca、ビタミンB2、パントテン酸Ca、葉酸、ビタミンB12

安全性 GMP認定工場で製造 GMP認定工場で製造

より効果が期待できるのはマカナ

成分でマカナとベジママを比べてみたところ、マカナの方が圧倒的に配合されている成分の種類・量が多かったです。

成分の種類が多いほど期待できる健康効果も高くなりますから、成分面ではマカナの方が優れていると言っていいでしょう。

それにこれだけの成分の差があるのなら価格差が1,000円あるのも納得できます。

ただし、ベジママも決して成分が少ないわけではなく、ママさんや赤ちゃんに必要な栄養成分をしっかり摂ることが可能です。

どちらも安全面は問題なし

成分の種類や量はマカナが上でしたが、安全面で言えばどちらも危険な成分は一切なく、極めて安全な葉酸サプリと言えます。

その証拠として、「マカナ」「ベジママ」ともにGMP認定工場で製造されています。GMPとは厚生労働省が定めた品質基準であり、原材料から製造過程、出荷まで厳しくチェックされているので安心して利用することが出来るんです。

【マカナvsベジママ】妊活中、妊娠中、授乳中に向いているのは?

最後に比較するのはママさんのステージ別でどちらが向いているかです。

ステージ別とはつまり妊活中なのか、妊娠中なのか、それとも授乳中なのかという話になります。

どの時期も葉酸の摂取は必要であり、葉酸サプリを飲んでいる方は大勢いるんです。

妊活中 妊娠中 授乳中
マカナ
ベジママ

どちらも妊活中に飲むのがおすすめ

「マカナ」「ベジママ」ともに一番効果が発揮されるのは妊娠が発覚する前、つまり妊活中の段階です。

というのも、そもそも葉酸が特に必要なのは妊娠1~3カ月の赤ちゃんが生成させる本当の初期段階であり、この段階は病院で妊娠が発覚する前の段階になります。

ですから早めに越したことはないという事で赤ちゃんが欲しいと思ったその瞬間(妊活中)から飲み始めるのが一番おすすめです。

授乳中まで飲むならマカナがおすすめ

葉酸サプリが一番大事なのは妊娠初期とお伝えしましたが、その後の妊娠中や授乳中も赤ちゃんやママさんの健康のために飲み続けなければなりません。

しかし、注意して欲しいのが授乳中まで飲む場合はベジママよりもマカナが向いているという点です。

というのもベジママには鉄分が配合されていないため、授乳中に起こりやすい貧血を予防することが出来ません。

なぜ授乳中に貧血になりやすいかというと、母乳は実はママさんの血液から作られているので母乳を与えるほどママさんの赤血球が不足して貧血になりやすくなるんです。

ですから授乳中も飲むのなら、鉄分が配合されているマカナをおすすめします。

総合評価「おすすめはマカナ」

価格、成分、ステージ別と「マカナ」と「ベジママ」を比較してきましたが、総合的にみて私がおすすめしたいのは「マカナ」になります。

どちらも人気なのが納得できる優秀な葉酸サプリだったのですが、やはり成分を見るとマカナをおすすめしたくなります。

妊活中、妊娠中、授乳中は本当にいつも以上に栄養が必要となる女性にとって人生でもとても大事な時期で、その時期を失敗しないためには多少お金がかかってもより栄養を摂取できるサプリが好ましいのです。

特に妊娠中、授乳中は貧血を起こす方が多いため、鉄分がきちんと配合されているマカナをおすすめします。

まとめ

今回、人気の葉酸サプリ「マカナ」と「ベジママ」を比較して、本当にどちらも優れたいい葉酸サプリだと納得できました。

しかし、それだと当初の目的の「どちらがいいか?」という疑問の解決にはならないので泣く泣く雌雄を決したところ、成分が豊富なマカナに軍配が上がりました。

ですから、価格に納得できるのであれば、どちらを購入するか迷っているのなら私は「マカン」をおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です